きちんと生きるために必要な保険見直しのやり方について

保険の種類と保険料

お金の管理

生命保険と損害保険では見直しの方法が異なりますが保険料の削減ができることもあります

保険見直しをする場合、生命保険と損害保険では方法が異なります。 生命保険は加入時期が早いほど保険料が安いです。年齢が高くなるほと病気や死亡のリスクが高まるからです。そのため、生命保険の保険見直しは無駄な保険を解約して、必要な保障を追加することが中心になります。同じ保障内容であれば、年齢が低い時に加入した契約よりも保険料を安くすることは基本的にはできません。 その点で損害保険の場合には、同じ保障であっても保険会社や商品を変えることによって保険料を引き下げられる余地があります。損害保険における保険見直しは大きな効果が簡単に得られることもあります。生命保険と損害保険に共通することは必要な保障内容になっていることが重要であることです。

保険代理店や営業職員は顧客の利益を優先するように変化しています

保険見直しを保険代理店や営業職員が顧客に提案することは昔から行われていました。顧客の利益よりも保険代理店や営業職員の営業成績を目的とした勧誘も過去には行われたことがありますが、今ではそのような営業は行われなくなっています。保険は商品内容が分からないのが当たり前だった時代は終わり、今は顧客が商品内容を熟知しています。そのため、顧客にとって無意味な乗り換え勧誘は行われなくなりました。 金融商品取引法などの法整備によって顧客保護が強化されていることもその背景にあります。最近は、複数の保険会社の商品を扱っていおり、最適な商品を提案する総合保険代理店に保険見直しの相談をする人が増加しており、その傾向は今後も続くと言われています。